ライター初心者は色んなジャンルの記事を書きまくろう

コンタクです。

 

僕はブロガーだけでなく、Webライターもやっています。

そろそろライター歴が6ヶ月目に突入します。

 

まだまだ僕はライター歴は短いですが、

今回は初心者ライターに対するアドバイスをしようかと思います。

主に、「書けそうなテーマが見つからない」という人向けです。

「自分でも書けそうなジャンルがない…」

初心者ライターは基本的に、ランサーズを始めとしたクラウドソーシングサイトで、ライターの仕事を探すことでしょう。

でも、いざライターの仕事を探してみると

自分でも書けそうなジャンルがない…

と、なることでしょう。実際僕もそうでした。

 

ライターでお金稼ぎたいけど、自分に書けそうなジャンルがない…

ライターは敷居が低いって聞いたけど嘘じゃないか!!!!!

と、昔の自分は思っていました。

渋々、得意じゃないジャンルの仕事をやってみることに

でも、やっぱりライターとしてお金を稼ぎたいので、

渋々僕は、得意じゃないジャンルの記事を書く仕事を引き受けました。

(あまり具体的に言うのはまずい気がするので濁します。)

 

そのジャンルは、僕の趣味とは程遠いものでしたし、本当に書けるのかな?という気持ちで取り掛かりました、

ネットでリサーチしつつ、記事を書いてみる

僕はそのジャンルに関してはとても疎かったので、インターネットで沢山調べながら書いていきました。

もちろん、そのジャンルに関する知識がほとんどなかったので、正直言って苦痛でした。

 

ですが、インターネットでリサーチしていくうちに

コンタク
あれ!このジャンルに関して割と詳しくなってるかも!

そんな自分に気がつきました。

沢山下調べしていくうちに、そのジャンルについて若干詳しくなっていました。

沢山調べ、ある程度詳しくなったおかげで、記事の執筆は意外とスムーズでした。

初心者ライターは取りあえず色んなジャンルに手を出そう

「このジャンル、自分の趣味じゃないし…」

「どうせこのジャンルは自分には無理だ」

と、思う気持ちはわかります。

 

ですが、そういう初心者ライターはつべこべ言わずに、

どんなジャンルでもいいから取りあえず記事を書いてみてほしいと思うのです。

 

たとえ記事を書く前はそのジャンルに精通していなかったとしても、ネットで沢山調べていくうちに詳しくなります。

だから、ライターになるために何かの専門家になる必要はないんですよ。

というか、暴論ですが、

ネットに書いてあったことを自分なりの表現でまとめれば記事は出来上がります。

 

もちろん、最初は書くのに時間がかかりますし、慣れないことをやるとなると大変です。

ですが、時間を書けてやっていけば慣れていきますし、書けるようになります。

僕だって、昔は書くのに1週間かかるような記事を、今では1日で書けるようになりましたし。

色んなジャンルに手を出せば、苦手意識が減る

僕は今まで、ライターとして色々なジャンルに手を出してきました。

運動、ファッション、恋愛、芸能、雑学…

 

運動に関しては、元々それなりに知識がありましたが、それ以外のジャンルについては、知識も興味もほとんど皆無でした。

ですが、あえて得意じゃないジャンルの記事を書きまくることによって、苦手意識が減りました。

そして、元々自分が得意でなかったジャンルについての知識も身につきました。一石二鳥です。

初心者はどんどん数をこなすべき!

いかがでしたか?

初心者ライターは、最初のうちは仕事をこなすのにかなり苦労することでしょう。

 

ですが、色んなジャンルの仕事をこなしていくことによって、どんどん作業のスピードも上がってきますし、

苦手意識も減っていきます。

だから、とにかく数をどんどんこなせば、ライターとしてどんどん成長していくと思います。

僕もまだまだですが、一緒に頑張りましょう!

 

↓ちなみに、僕が使っているクラウドソーシングのサイトです。

ライターを始めるならランサーズです!
クラウドソーシング「ランサーズ」

コメントを残す