根拠のない自信を持とう!まだ自信に根拠を求めてるの?

「自分は◯◯ができる」

「自分には◯◯がある」

「自分にはこういう実績がある」

「だから自分に自信がある」

と自信に根拠を求めている人へ。

普段はあまり人を煽るようなことは言わないけど、そういう人達に対してあえて物申したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ自信に根拠を求めてるの?

と。

根拠のある自信は儚い

例えば、あなたは高学歴だから、それ故に自分に自信を持っているとする。

つまり、根拠のある自信だ。

 

しかし、いくら偏差値の高い大学に通っていたとしても、反論はいくらでもできる。

「勉強ができても仕事ができなきゃ意味ないよ」
「世の中にはもっと頭がいい人いるよ」
「でも勉強以外はできないんでしょ」

みたいな感じで。

そう言われると、どうだろうか?

高学歴ゆえの自信を持っていたあなたがそのようなことを言われたらいとも簡単に自信を喪失するだろう。

「あぁ…そうだよね…仕事もできなきゃ意味ないよね…」

 

残念ながら仕事ができないと生きていけないので「勉強ができても仕事ができなきゃ意味ないよ」という反論はある意味では正しい。
だから否定しきれない(厳密に言えば、仕事しなくても生きていける人はいるけど)。

 

じゃあそういう人の場合、勉強に加えて仕事ができるようにならなければいけないのだろうか?

 

否、

勉強ができるとか仕事ができるとかは関係ないんだよ!

根拠のない自信は最強

自信を持つのに根拠は必要ない。
むしろ根拠がない方がいい。

 

さっきも言った通り、根拠のある自信は反論があるとすぐに壊れてしまう。

しかも反論なんて考えればいくらでも思いつく。

 

そこで、根拠のない自信だ。

 

根拠を求めなければ、たとえ自分に誇れるものがなかったとしても自分に自信を持てる。

自信を得るために何かを頑張る必要がなくなる。

 

そもそも

自分に自信があったら気持ちは前向きになる。

何か行動を起こす時も、

「よーし、やってやるぞ!」

と積極的になれる。

 

にもかかわらず、もし根拠のある自信を持っていたらどうなるだろうか?

その自信を得るためには努力が必要になるし、場合によっては時間がかかる。

 

そして、たとえその自信を得られたとしても、すぐに壊されて気持ちが後ろ向きになってしまう。

そして、また頑張る。
その繰り返しがエンドレスで起こる。

 

それって大変じゃないだろうか?

 

だったら、根拠のない自信を持った方がいい。

そうすれば今すぐに自分に自信を持てるし、気持ちだって前向きになれる。

何があっても、自分を信じられるようになる。

「どうせ大丈夫」と考えとけ

最後に…

自分流の根拠のない自信の持ち方を紹介しようと思う。

自分が普段、自分に自信を持つために唱えているフレーズとして

「どうせ大丈夫」

というのがある。

 

心の中でもいいし、実際に口に出してもいいから「どうせ大丈夫」と、時間がある時に唱える。

根拠がなくてもいいから唱える。

最初はきっと違和感を感じると思うけど、続けていったら効果が出てくると思う。

ちなみに、このフレーズはこのサイトを参考にして考えた。

ameblo.jp

俺の尊敬している、心屋仁之助さんの記事だ。

というわけで…

根拠がなくても自信を持てるようにしよう!

「どうせ大丈夫」

そう自分に言い聞かせよう。

コメントを残す