周りの不幸自慢は気にしない!もっと幸せになる。

どうも、コンタク(@takon_0207)です。
ついにWordPressに移行しました!!!!

心機一転。これからもブログ書いていきます。

不幸自慢をしてくる人

皆さんの周りに、不幸自慢をしてくる人っていませんか?

最近では同様の意味として、ネガティブマウンティングという言葉も使われていますが、

  • お金がない
  • 今までの人生で苦労してきた
  • 自分の外見に自信がない
  • 人間関係が辛い

などなど、そういうことを周りに主張してくる人はいませんか?

不幸なことが当たり前?

そして、ここからが重要なんですけど…

周りの人がそのように不幸自慢をしているのを聞いて、

「あ…幸せな人ってそんなにいないのかな?」

と思ったりしていませんか?

 

もし自分が生きていく中で、色々と大変な思いをしているのであれば、

周りの人が不幸自慢をしていたら、

「人生は大変なものなんだ」

「不幸なことが当たり前なんだ」

と思ってしまうかもしれません。

 

ですが僕は、そうは考えたくないんですよね。

不幸自慢しているけど、案外不幸じゃないかもしれない

不幸自慢をしてくる人っていますが、そういう人って意外と不幸じゃない部分があると思うんですよね。

 

お金がないと言っておきながら、飲み歩いたり、オシャレな服を身にまとったり、

恋愛で苦労してきたと言っておきながら、今まで付き合ってきた人数が多かったり、

「俺/私は辛いんだ!」と声高に叫んでおきながら、周りの人間関係に恵まれていたり…

 

そんな感じで、不幸アピールはしているけど、何だかんだで恵まれている人は意外といます。

実際に僕は今まで、そういう人達を何人も見てきました。

もっと幸せになってもいい!

だから、不幸自慢をしている人の言っていることは、鵜呑みにしない方がいいです。

「お金が欲しい!」と、お金に飢えているアピールをしている人は、もしかしたらあなたよりもお金を持っているかもしれません。

だから、この例だったらそういう人の言っていることを鵜呑みにせずに、どんどんお金を稼ぎましょう。

 

男/女に飢えている人がいても、無視無視。

さっさと自分を磨いて新しく恋人を作りましょう。

 

自分辛いんですアピールをしていても、その人に合わせる必要はありません。

どんどん楽しいことや面白いことをして、幸せな人生を謳歌しましょう。

自分の生きたいように生きよう!

もちろん、人間生きている以上、どこかで苦労する場面は必ずあります。

だから、とある部分が恵まれているからといって、「不幸自慢をするな!」と言うのもおこがましいです。

ですが、だからと言って、不幸自慢をしている人に合わせる必要はありません。

不幸自慢をしている人は恐らく悪意はないのでしょうが、いちいちそういう人に合わせていたら、非常にもったいないなと思います。

せっかくの自分の人生だし、もっと幸せになれるはずなのに…

だから、幸せになりたいのであれば、どんどん幸せになれるようなことをしていきましょう。

ためらう必要なんて全くないです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です