ドリームキラーを引き寄せすぎてもう慣れたわ

どうも、コンタクです。

 

夢を追い求めながら生きていたら、必ずドリームキラーって現れますよね。

夢を追い求めながら生きるあなたに対して

 

「本当にそんなことできるの?」

「どうせ無理じゃない?」

「無駄だと思うけどね」

などと言って、あなたが夢を追い求めることを邪魔してきます。

 

僕もドリームキラーに邪魔をされた経験は何回もあります。

僕はフリーランスのライター&ブロガーとして活動していますが、

 

「どうせお遊びでしょ」

「フリーランスとか絶対きついと思うけどね」

「そんなことするぐらいなら普通に就職しろ」

…こんなセリフを何回聞いてきたことか。

その度に僕は心が折れそうになりましたし、自分がフリーランスの活動をしている時も上記の言葉が頭をよぎって、なかなか専念できない時期がありました。

 

ですが、もうドリームキラーの戯言には慣れてしまいました。

ドリームキラーは絶対に現れる

フリーランスとして活動していくうちに、というか自分の生きたいように生きているうちに気づいちゃったんですよね。自分の生きたいように生きる以上、ドリームキラーは絶対に現れるものだって。

 

思えば、「フリーランスとして生きる!」とまではいかなくても、自分の生きたいように生きていたら僕の前にドリームキラーは現れていました。

例えば僕はAKB48が好きなのですが、「俺はAKBのファンとして命を捧げるぞ!」みたいに思っていたら、バンドの友達に「AKBをディスる歌詞を書いてもいい?」と言われましたし、別の人からも「CDの売り方せこいじゃんwww」とか言われました。

 

あと他には、僕はライターの仕事をしているのですが、同業者の人に「ライターでこういう仕事をしている人はおかしい」みたいに言われたことがあります。

僕宛のメッセージ、というわけではありませんが、自分のモチベーションを下げるようなこのような発言が目に入ってきました。

 

そしてブログを書き始めた時も、僕が知り合いの人に「最近ブログ頑張っているんですよね」と話したらスルーされたり、「あー、なんかやっているよね」と、あたかも「しょうもないことやってるよね」とでも言いたげなテンションで言われたりしてきました。

 

というわけで、何をするにしても、どんな志で生きるにしてもドリームキラーって現れるものなんだな、と思いました。

 

で、何をするにしてもドリームキラーが現れるんだな、と気づくと、

コンタク
もうドリームキラーに一喜一憂しても意味がないな

と思いました。

 

何をするにしてもドリームキラーは絶対に現れる。

自分の志をぶち壊そうとしてくる人は現れる。

自分の行く手を阻む人は現れる。

 

それがこの世の真理なんだろうなと思うと、もうドリームキラーのことがどうでもいいと思えてきました。

今まではドリームキラーに腹を立てたり、落ち込んだりしていましたが、そんなことをしてもどうにもならない。

だったらいっその事気にしないで生活した方がいいよな、と悟りました。

ドリームキラーに慣れた

だから、現在ではドリームキラーを見ても

コンタク
お!また現れたぞ〜

ぐらいにしか思いません。

自分の生きたいように生きていたらドリームキラーが現れるのは当たり前です。

ご飯を食べなきゃ生きられないのと同じぐらい当たり前のことです。

 

だから、ドリームキラーが目の前に現れて何か嫌なことを言ってきたとしても気にしなくていいですよ。

ドリームキラーが現れるということは、あなたがちゃんと自分の生きたいように生きられている証拠だと思います。

だから、ドリームキラーが現れても気にしない生活をしていきましょう!!!