内向型人間には一人でいる時間が必要

コンタクです。

 

僕は典型的な内向型人間です。

人と長時間一緒にいすぎると、体力や気力をかなり消費します。

 

そういうわけで僕は

コンタク
誰かと一緒にいるぐらいなら一人でいたいな…

みたいに今まで思っていました。

しかも典型的なコミュ障だと自覚していたので、人と話すのが苦痛だな、と思っていました。

 

しかし、最近は自分で言うのもですが、コミュ力が上がりつつありますし、人と話したり一緒にいたりするのが楽しいな、と思えてきています。

だから、「もっと人と一緒にいる時間を作ろうかな!?」と思い、最近は人と一緒にいる時間を確保するようにしていました。

 

 

 

 

 

しかし、後になってから「やっぱり俺には一人でいる時間は必要だな…」と痛感しました。

楽しくワイワイ喋った後、めっちゃ疲れた

先日、ものすごく口数の多い人とお喋りする機会がありました。

その人は結構冗談も言うし、話し上手で終始テンションが高い人でした。

 

自分とは対照的な性格の人を前にして、僕は「上手に話せるかな?」とも思いましたが、最近の自分はコミュ力が上がりつつあるので、全然話せました。

むしろ、その人と話していて「めっちゃ楽しいな!」と思いました。

「人と話すのってこんなにも楽しいことなんだな!」と、改めて思うほどでした。

 

 

 

 

 

 

しかし、その人と別れてから一時間後ぐらいに、疲れがドッと押し寄せてきました。

いや、念のために言っておきますがその人は全然悪くないです!あくまで僕自身の性格の問題です!

かなり疲れていたので、「しばらくは人と話したくない。一人にさせてくれ…」という状態でした。

 

この経験から「あんまり調子乗りすぎると自分は疲れるんだな」ということを痛感しました。

そして改めて「自分は人といすぎるとかなり疲れるから、一人でいる時間を確保した方がいいな」と思いました。

内向型人間は刺激を強く受けやすい

何故内向型人間は一人でいる時間を確保すべきなのでしょうか?

 

そもそも、内向型人間は良くも悪くも周りからの刺激を大きく受けやすいからです。

そのため、人と一緒にいすぎるとなると、強い刺激を受け続けることになるので、疲れてしまいます。

 

だから内向型人間には、刺激を遮断して(=一人で過ごして)、体力や気力を回復する時間が必要なのです。

最後に

内向型人間でも

「自分はコミュ力が高い!」

「人が大好き!」

「誰かと話したい欲が半端ない!」

という人はいます。

実際僕も、自分で言うのもですがコミュ力に磨きがかかりつつありますし、人と話したい&一緒にいたい欲が出つつあります。

 

ですが、それでも内向型人間には一人でいる時間が必要だと思います。

あまり人と一緒にいすぎると疲れるので、それを防ぐためにも一人でいる時間は確保すべきです。

 

というわけで、自分が内向型人間なのかどうかを理解した上で、快適な人間関係を築いていきましょう!