僕が悪口を嫌う5つの理由。悪口はデメリットが多い。

コンタクです。

 

僕は悪口が大嫌いです。

聞くのはもちろん、言うのも極力避けている。

もしストレスが溜まりまくって、誰かのことを愚痴りたい時でも、表現には十分に気を使って喋る。

 

どうして自分が悪口が嫌いなのかを、今日は書いていこうと思う。

自分は博愛主義ではない

悪口が嫌い、と書くと

A
コンタクって博愛主義だな

と、思われるかもしれないが、

別に自分は博愛主義ではない。

性格が特別良いとも思っていない。

 

もちろん、基本的には誰かに優しくしたいとは思う。自分がそうされたら嬉しいし。

だけど、自分は好き嫌いが激しい方だし、嫌に思う人はとことん嫌に思う。軽蔑している人だって腐るほどいる。

僕が悪口を嫌う5つの理由

ただ、それでも悪口はなるべく言いたくないし聞きたくない。どうせなら楽しい話とか、真面目な話をしていたい。

それは何故か。

①悪口を言う人には話術がない

はっきり言って、悪口を言う人には話術がない。

コミュニケーションスキルのたかが知れている。

 

そもそも、悪口というのは、話し手に話術がなくても勝手に盛り上がるものだ。だって他人のあら探しして、それについて語ればいいだけだから。

そして、悪口を言い続けていたら、まるで自分が誰かを裁く人になったかのように、とにかくその人のことを悪く言い続ける。

で、聞いている人は面白おかしく、悪口を言われている人をディスる。

そんな感じで、話術がなくても悪口は勝手に盛り上がる。こんな感じで悪口が盛り上がった経験は誰しもあるだろう。

 

でも、そこには芸がない。

だって、ただ人のことを悪く言っているだけだから。

そこに話を盛り上げる工夫がないわけではないけど、悪口で場を盛り上げることなんてコミュ障でもできる。

 

私事だけど、むしろコミュニケーションスキルがない人ほど、悪口ばっかり言っている印象があるなと、周りの人を見ていて思う。

芸能人とか、知り合いで気に食わない人の悪口とかはもちろん、「あのカップル、ひどい別れ方したらしい」みたいな、週刊誌に乗りそうな低俗な噂話で盛り上がっている。

 

だから、悪口を言っている人を見ていると「あ、悪口を言わなきゃ場を盛り上げられないんだな。コミュニケーション能力低いな」としか思わない。

 

ちなみに、悪口だけじゃなくて、下ネタとか週刊誌に乗りそうな噂話も、話術がなくても盛り上がる話題だ。

コミュニケーション能力を磨きたいなら、そういう話題は避けた方がいい。

話すとしても慎重になるべきだ。

②客観的に物事を見れなくなる

悪口がクセになると、どんどん他人の悪いところを探すようになっていく。

まあ、悪口を言っている本人は楽しんでいるからな。ストレス発散にすらなっているだろう。

 

でも、悪口言うためにあら探しをしている生活を続けていたら、客観的に物事を考えられなくなってしまう。物事の悪いところしか見えなくなる。

悪口を言い続けることで自身の人間性を下げるだけでなく、視野の広さすらもどんどん狭くなっていく。

つまり、悪口を言い続けると口だけじゃなくて頭も悪くなる。

 

そもそも、誰にだっていいところと悪いところがあるはず。

だから、悪いところばかり見ている人は物の見方を改めるべきだ。

③悪口は自分の評価を下げる

①②とも被る部分があるが、悪口は自分の評価を下げる。

 

心理学の実験で、悪口を言われた人と悪口言った人の印象を聞く実験がある。

するとなんと、悪口を言われた人よりも悪口を言った人の方が印象が悪かった。

「悪口を言われるってことは、それだけ性格が悪いんだな…」とは思われないということだ。

 

というか、そういう実験の話を持ち出さなくても、悪口に対して嫌悪感を憶える人は多いはず。

自分の身近な人でも、普段から悪口をたくさん言っている人は、周りからよく思われていない。

 

そんな感じで、悪口を言うことは自分のためにもならないし、周りからの評価を下げる。

 

むしろ、個人的には、人のいいところを見つけられる人の方が素敵だと思う。

その方が周りからの印象も良くなるし、良いところを褒められるのは基本的に嬉しいことだ。

良いところを見つけて褒めれば、人は喜んでくれる。

④悪口は社会的にもマイナス

悪口は社会的にもマイナスだ。

 

悪口を言われると、当然嫌な気持ちになるだろう。

まあ多少なら耐えられると思うけど、大げさな話、それがいじめとかパワハラに発展したら、いよいよメンタルがボロボロになる。

そのせいで、引きこもり、休職、ひどい場合だとうつ病、自殺に至るケースだってある。

 

悪口のせいで、何気ない生活を過ごすことが困難になり、ひどい場合だと尊い命すらも失われる。

これは、社会的に見ても損でしかない。社会に貢献してくれる人が減ってしまうのだから。

引きこもり、又は自殺さえしなければ、大いに活躍してくれたり、誰かにとっての支えになったりしたかもしれない。

そのような存在がいなくなるのは非常にもったい無さ過ぎる。

 

悪口は下手したら、誰かが持っている可能性を潰す行為だ。

だって、社会から居場所を奪いかねない行為だし、最悪死に至らせるものだから。

そんなことは、倫理的にはもちろんだし、社会的に考えてもあってはならないことだと思う。

⑤脳は主語を区別できない

脳科学的な話だが、人間の脳は主語を区別できない。

そういう仕組みになっているのだ。

 

だから、ざっくりした話、「あいつはバカだ」と言ったとしたら「自分はバカだ」とも脳は判断するのだ。

つまり、悪口は他人を貶めるだけでなく、自分すらも貶めているのだ。

 

というわけで、脳は主語を区別できないために、他人の悪口を言うことは、自分の悪口を言うことにもなる。

悪口はなるべく言わないように

以上の理由から、僕は悪口を言うのが嫌いだ。

これは、決して性格がいいから、とか言う理由ではない。

悪口を言うことにはデメリットが多いからだ。

 

というわけで、これからも悪口を言わないように気をつけていこうと思う。

コメントを残す