仲の良さと過ごした時間って必ずしも比例しなくない?

どうも、コンタク(@takon_0207)です。

ふと思ったんですけど、、、

仲の良さと、

その人と過ごした時間って必ずしも比例しないですよね。

一緒にいても分かり合えない時もある

例えば、どれだけ一緒に過ごした時間が多くても、結局仲良くなれない人っていますよね。

 

まあ、当たり前です。

もし一緒に過ごした時間を仲の良さが比例しているのであれば、そもそも学校や職場で嫌いな人とか仲が悪い人はいないはずです。

ただ一緒に長い時間過ごして仲良くなれるなら、人間関係はそんなに苦労しません。

 

どれだけこちらが、その人に対して仲良くしようとしても、

どれだけ親切にしようとしても、

分かり合えない時は本当に分かり合えないです。

 

特に女性に言える話ですが、「生理的に無理」って思われたら基本的には何をしても、どんなに長い時間一緒に過ごしてもほぼ100%仲良くなれません。

 

だから、長い時間一緒に過ごしても仲良くなれない時は仲良くなれないし、嫌われる時は嫌われます。どんなにこちらが手を尽くしても焼け石に水です。

少し関わっただけで仲良くなれる場合もある

だけど、ラッキーなこともあります。

ちょっとしか関わりがなかった場合でも、仲良くなれる場合もあります。

 

「ちょっとしか話していないのに、すぐに仲良くなっちゃった…!」

「1回しか会っていないのに、好かれているかも…!」

と思った経験はありませんか?

たとえちょっとしか接点がなかったとしても、性格とか趣味が合ったらすぐに仲良くなれますし、すぐに好かれることもあります。

 

僕もこういうことはあります。

ちょっとしか関わりがなかったけど、いきなりご飯に行く仲になったり、

今までの関わりが少なくても、お互いに尊敬し合えたり理解し合えたり…。

そういう関係の人が、数は多くないですが実際にいます。

 

その方達と関わってみて思うのは、

「あ…あまり一緒にいなくても、お互いに仲良くなれたり尊敬し合えたりできるんだな!!」

ということです。

あまり人間関係に必死になる必要はないのかも

繰り返しになりますが、その人と過ごした時間の長さと仲の良さは必ずしも比例しません。

だから、どんなに手を尽くしても嫌われる時は嫌われるし、

大して努力をしなくても、すぐに仲良くなれることもあります。

 

そう考えると、「あんまり人間関係に必死になる必要はないのかも」と思えてきます。

言ってしまえば、の要素もありますよね。

 

だからそういう意味では、人間関係のことで努力したり悩んだりしなくてもいいのかもしれませんね。

まあ、最低限のマナーさえ守っていけば後はどうにでもなれって感じじゃないですか?

 

というわけで、人間関係においては肩の力を抜いてみるのがいいのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です