どうも、コンタクです。

 

僕はコミュニケーションが苦手だな、という自覚があります。

議論とか真面目な話は好きですし、そういう話題は好んで話すんですけど、雑談とか他愛もない話は超苦手で、どんな風に話せばいいかいつも迷うんですよね。

でも、そんな僕でも「コミュ力上げていきたいな〜!色んな人と繋がっていきたいな〜!!」と思うわけです。

コミュ力を上げるために、僕もそれなりに努力してきました。

で、コミュ力を上げるために自分なりに努力して、気づいたことについて書いていきたいと思います。

コミュ力に関する本を読んでみたけれど

コミュ力を上げるために僕は何をしたか?

それは、コミュニケーションに関する本を読むことです。

上手に雑談ができる本、面白い話ができる本、みたいなタイトルの本を買いあさって、とにかく読みました。

 

しかし、それなりに読んでみたものの、コミュ力が上がっている実感は全くありませんでした。

もちろん、本に書かれていることを実践したり意識したりもするのですが、どうも上手に話せている自覚がないし、相手の反応も期待以下です。

 

「もっとコミュ力に関する本を読み込めばコミュ力上がるのかな?」とも思うのですが、何冊か本を読んで僕は思うんですよね。

 

「コミュ力に関する本を読んだだけじゃコミュ力は鍛えられないのでは…?」

 

と。

コミュ力を鍛えるためには実践が必要

まあ、冷静に考えれば当たり前だとは思います。

いくらコミュ力に関する知識をつけたって、それを実践しなければ全く意味がないと。

 

もちろん、本に書かれていることを実践してたと言えばしていましたが、そもそもちょっとしか実践していませんでした。

コミュ力に関する本に書かれていることを否定するつもりはありませんし、書かれている内容はもっともだと思うのですが、

書かれていることを徹底的に覚えて実践しない限り、いくらコミュ力に関する本を読んでも意味がないんじゃないかと思うんですよね。

 

実際のコミュニケーションは、知識だけでは太刀打ちできません。

学校のテストみたいに、知識を蓄えて知識をどれぐらい覚えているかを見せつけたとしても意味がありません。

その知識の通りに行動しなければ、その知識は全く意味がないということに僕は気づきました。

どんどんコミュニケーションを実践していこう

というわけで、コミュニケーションはどんどん実践するべきものだと気づきました。

いくらコミュ力に関する本を読んでも、それを実践しなければただの机上の空論で終わってしまいます。

 

コミュ力に関する本を読むのはやめませんし、むしろ「隅から隅まで暗記してやろう!」という気概でこれからは読んでいこうと思うのですが、それよりも実践を大切にしていきます。

友達と会う回数を増やしてみたり、ご飯とか飲み会では積極的に話すように心掛けてみます。