◯か×かの考え方から抜ける

「いい子でいなければいけない」

 

「頑張ることこそ美徳」

 

「バカな自分はダメなんだ」

 

「学生時代は〇〇をしておくべきだ」

 

そんな風に

これは◯で、これは×

と、考えていて

 

「なんだか苦しい」

 

「疲れる」

 

「しんどい」

 

そう思ったら、◯か×かで考えるのを一旦止めてみる。

 

◯か×かで考えるのをやめてみると

すっごく楽になれる。

 

◯か×かで考えている時にはいっつも、

罪悪感“がいつも自分につきまとっている。

 

だから、少しでも◯に近づくために、又は◯の状態を保つために無理してでも頑張る。

×になったらとにかく自分を責める。自分はダメなんだと悲しい気分になる。

 

その罪悪感は勝手に自分一人で感じているものだ。

他人に否定されたために罪悪感を抱えることもあるだろう。

しかし、だからと言って一々鵜呑みにする必要はない。

何が◯で何が×なのか、という考え方自体曖昧なところがある。

法律ですら絶対的なものではないし批判されることもある。

 

もう、◯か×かで考えるのが疲れたなら一旦止めてみる。

むしろその考え方にこだわりすぎるがために、逆説的に自分自身が損をしてしまっている。

 

ずっとその考え方で生きてきた人は今までよく頑張ってきたと思う。

周りのずるい人間達の理不尽な価値観の押し付けにもよく耐えてきた。

だけど、もう楽に考えてしまってもいい。そんな人達の言動を真に受ける必要なんてない。

もう余計なものは捨ててしまおう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です