CDが売れない時代にCDを買う理由

今の時代、便利な世の中になりました。

わざわざCD買わなくても音楽サイトで楽曲をダウンロードできますし、Youtubeでも音楽聴けますよね。

CDショップに足を運ぶ手間がかからなくて便利です。

だから、今の時代はCDが売れない時代だと言っても過言ではありません。

 

しかし、僕もそれらを利用することはあるものの、今でもCDは買っています。

今日はその理由を書いていきたいと思います!

あ、「握手券がついているから」という理由は今回はナシです!!

①音質が良い

やっぱりこれです。

CD音源は音質がかなりいいです。細かい音も聴こえてきます。

 

僕は作曲をしていることもあり、その際に他のアーティストさんの楽曲聴いて研究したり、参考にしたりしていますが音質が良いとそれが結構捗ります。

作曲する人じゃなくても、高音質で音楽が聴けたらいい気分になれますよね^^

Youtubeだとやはり音質は見劣りします(というより聴き劣り?)…。

ダウンロードの方は音質高いです。ですが…

②DVDがついてくる

ダウンロードにはDVD(というより動画?)はついてこないです。

DVDが付属してるというのはCDにしかない利点でしょう(もちろんDVDが付属していないCDもありますが)。

 

付属のDVDにはMVやメイキング映像が収録されていることが多いです。

メイキング映像でアーティストさんの舞台裏や、普段は見れない姿が見れるのはファンにとって嬉しいですよね^^

③歌詞カードがついてくる

これ結構重要です。

 

たかが歌詞カード。

されど歌詞カード。

僕は、歌詞カードもそのアーティストの作品の一部だと思っています。

 

ただ歌詞が載っているわけではなく、

歌詞のフォント

文字の色

大きさ

などなど…

そういう部分がCDによって結構違ってきます。

 

そして歌詞だけでなく、歌詞カードには写真とかイラストも載っています。

そういう部分にアーティストのこだわりが見えてきますし、実際歌詞カードを眺めてみると風情を感じます。

聴覚だけでなく、視覚でアーティストの作品を味わえるのは一石二鳥です!

まとめ

ここまでCDを買う理由を紹介してきましたがいかがでしょうか?

①音質が良い

②DVDがついてくる

③歌詞カードがついてくる

 

CDを買うとこういうメリットがあります。

特に②③はCDならではのメリットですね。

ただ単に曲を聴いて終わり、というわけではなく、DVDと歌詞カードがあるおかげで楽しみ甲斐が十二分にありますよね。

歌詞カードを眺めながら曲を聴いていると、そのアーティストの世界観に引き込まれてしまいます。

僕のオススメの聴き方です。ぜひお試しあれ。

というわけで、たまにはCD買ってそのアーティストの作品を楽しんでみるのはいかがでしょうか?

それでは!

コメントを残す