筋トレメモ:周りにいる人を変えよう

今日も昨日から引き続き、筋トレについて気づいたことをメモしていく。

近頃の俺は筋トレを大学のトレーニングセンターでするようにしている。

トレセンで筋トレをするようになってから、変わったことがある。

①自分の周りの人達が変わった

まず、今までは筋トレが出来る公共施設か自宅で筋トレをしていた。

かつて自分の通っていた公共施設は、マッチョになることが目的で通っているというよりかは、健康維持のために通っている人の方が圧倒的に多かった。

 

そして自宅に関しては、そもそも自分一人しかいない。

(いや、実家ではあるけど筋トレは自分の部屋でやっているから実質一人だ。)

 

しかし、

うちの大学のトレーニングセンターとなると、事情が違う。

運動系の部活・サークルに入っている人が日夜、自分の成長のために日々筋トレや体力作りに励んでいる。

こういう言い方は失礼かもしれないけど、

健康維持の目的でやっている人とは全然意識が違う。

中には、明らかにゴリマッチョの人もいる。

今まで生でゴリマッチョの人を見る機会はほとんどなかった。

 

そして、見た目だけじゃない。

自分からしたら「これメチャクチャ重いだろ!」ってぐらい重くしたバーベルを軽々と持ち上げる人がザラにいる。

俺もその人達の真似をしてバーベルを重くして持ち上げようとするも、メチャクチャきつかったり、そもそも持ち上がらなかったりということがあった。

つまり、力持ちの人が多い。

 

今までは筋トレを一人でやるか、健康維持の目的で筋トレをしている人達が周りにいる環境でやっていたが、

明らかに自分の周りにいる人達が変わった。

そして、変わったのはそれだけじゃない。

②筋トレに対する意識が変わった

大学のトレセンには、筋トレに対して意識が高そうな人や、ゴリマッチョの人、メチャクチャ力持ちな人がいる。

俺はその人達を見て思うことがある。

 

自分の大学には、こんなにも筋トレを頑張っている人が多くいたのか…!!

 

俺もその人達に追いつきたい!!

 

そう強く思った。

 

トレセンに来る前までも、筋トレを頑張っているつもりではあったし、自分は成長していると思っていた。

体重も増えてきているし、筋トレ始めたての頃に比べたら重いものも持てるようになったし、体格も良くなってきた。

 

しかしトレセンに通い始めてから、上には上が沢山いることに気がついた。

俺は井の中の蛙だった。

 

だからこそ、もっと頑張ってやる!!

そう強く思った。

 

それからというものの、今まで以上に筋トレを頑張るようにしている。

体になるべく大きな負荷をかけるようにし、

「あれ?まだまだトレーニングできるんじゃない?」

と余裕がある時には、疲れるまで追い込んでみるとか、

時間も以前よりも少し多めにしている。

 

これからもどんどん頑張るつもりだ。

周りの人が変われば自分も変わる?

トレセンに通ってから、周りの人達だけでなく自分の意識も変わった。

 

いや、むしろ、

周りの人達が変わったおかげで自分の意識も変わった

という方が正しいかもしれない。

 

「自分を変えるには、環境と周りの人達を変えなさい」

みたいなことをどこかで聞いたことがあるけど、

今回の件を通して、それを強く実感した。

 

周りにいる人を変える

 

これはきっと、筋トレ以外にも言えそうなことかもしれない。

よし、筋トレ以外にもこの考え方を活かしてみようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です