高速音読を一時間やるとどうなる?効果がすごい!?

どうも、コンタクです。

 

最近、僕はとあることに取り組んでいます。

それは、「高速音読」です。

高速音読?何それ?というかどうしてやるの?

「高速音読」と聞いて、「え??」って思った方もいるかもしれませんが、

高速音読とは、読んで字のごとく、高速で文章を音読することです。

高速音読を続けると頭が活性化して、コミュ力、語彙力、頭の回転のスピードなどが上がると言われています。

 

というわけで、僕は普段から高速音読をやっています。

基本的には一日30分(どうしても忙しい時は5分)です。今日で継続して1週間ちょっとです。

まだ大きな変化は現れていませんが、効果を実感するためには長期間取り組む必要があるため、地道に頑張っています。

 

ですがこの高速音読、なんと一回一時間もやると、かなりの効果が現れるんですよね。

コンタク
え!?一時間やるだけでこんなに効果があるの?

というわけで、今回は高速音読を一時間やるとどんな効果が出るのかを解説していきます!

高速一時間やることでどんな効果が出る?

①滑舌がよくなる

高速で音読するのですから当然ですよね。

 

高速で音読するには口の動き、舌の動きに注意を支払う必要があります。

そのため、一時間も音読しているうちに口や舌が慣れてきて、滑舌がよくなります。

 

「滑舌悪くて高速音読できる自信がない…」という方にこそ高速音読をやってほしいです。

途中で噛んでしまっても大丈夫です。

最初は慣れないかもしれませんが、高速音読を続けていくうちに徐々に流暢に喋れるようになりますよ!

②高音が楽に出るようになる

高速音読を一時間やった後は、カラオケで高音の曲を歌えるようになります。

これは恐らく、一時間高速音読していくうちに、声を出すことに慣れていくためだと思います。

「カラオケで高音域が出ない…」とお悩みの方は、カラオケに行く前に高速音読でウォーミングアップするといいかもしれませんね!

③頭が冴える

高速音読をし終わった後は、頭がスッキリして頭が冴えます。

これは、高速音読をすることで脳への血流がアップするからです。

 

それに、そもそも高速音読は

文字を読む→理解する→発音する→自分の声を聞き取る

というサイクルで行われています。

こうして考えてみると、いかに高速音読が難しい作業なのかがわかります。

読む・理解・発生・聞くの4つを高速でやるのですから、脳が活性化しないわけがありませんね。

④気分がスッキリする

高速音読を一時間やった後は、気分がとてもスッキリします。

それは、高速音読をすることでセロトニンという神経伝達物質が作られるからです。

セロトニンには、精神を安定させ、睡眠の質を上げてくれる効果があります。

高速音読をするとセロトニンが作られるおかげで、気分がスッキリするのですね。

 

また、それに加えて「一時間も高速音読をやったぞ!」という達成感も、気分がスッキリする原因です。

というわけで、ストレスが溜まっている時にも高速音読はオススメです。セロトニン効果でスッキリしましょう!

⑤声のボリュームが上がる

やり方にもよるのですが、大きめな声で高速音読すると終えた後も声のボリュームが大きいままになります。

 

普段の僕は、声が小さいのですが、大きめな声で高速音読をすることによって声が大きくなります。

これもきっと、高速音読によって発声することに慣れるからでしょう。

声のボリュームに自信がない方は大きめな声で高速音読をしましょう!

※継続しないと効果が切れる

一時間やっただけでもこんなに効果がある高速音読ですが、効果の持続性がないのが難点です。

高速音読の効果を持続させるには、やはり毎日高速音読を続ける必要があります。

 

ただし、毎日やらなくても、一回一時間だけでも高速音読をやれば、音読の目覚ましい効果を実感できるかと思います。

高速音読で脳が活性化?本当に??

と、疑っている方はぜひやってみてください。

きっと効果がありすぎて、毎日続けたくなるかと思います!

というわけで、レッツ音読!!

コメントを残す