コンタクです。

 

最近、有益疲れをしています。

そもそも有益疲れとは何か?

有益疲れとは読んで字のごとく、有益な情報ばっかり見すぎて疲れてしまうことです。

 

ここ最近の僕は、フリーランスとしての力をどんどんつけるため、

SNSで有益な情報に触れたり、本を読んで勉強したりしていました。

 

「俺はフリーランスとしてまだまだペーペーなんだから、もっと頑張らないと!」

「有益な情報をたくさんインプットして、もっと自分を磨かないと!」

そんな風に思いながら頑張っていました。

 

仕事の合間にTwitterを使って、有益な情報をインプット。そして時間がたくさん余ったら本を読んで勉強…。

そんな日々が続いていました。

もう有益な情報に疲れた。笑

しかし、そんなある日

「あれ…?全然やる気が湧かないぞ…?」

と、ふと感じました。

 

俺はまだフリーランスとしてまだまだなんだから、SNSとか本を使ってもっと勉強しなければならない。

もっと成長しなければいけない。

 

そう強く思っているにもかかわらず、全然勉強する気になれませんでした。

そして、仕事すらも「やりたくね〜」ってなってしまいました。

ひたすら無益なことをする

それからというものの、僕はひたすら無益なことをするようになりました。

 

YouTubeでゲームのプレイ動画を見たり、

コワーキングスペースの知り合いたちとカードゲームして遊んだり、

音楽聴いたり…。

とにかく「これをやって何の意味があるの?フリーランスに関係あるの?」と思われることばかりひたすらやっていました。

ひどい時は、夜中の2時過ぎまでYouTubeの動画を見てるもザラです。笑

無益なことをしているとリフレッシュされる!

しかし、無益なことをし続けていると、

「こういう時間も悪くないな…!」

と思えるようになりました。

 

まだ完全には調子が回復していないものの、無益なことをし続けていくことでだんだん心がリフレッシュされていきました。

 

無益なことを続けていくことによって、だんだん仕事や勉強に対するモチベーションも戻ってきました。

たまには無益なこともしよう!

というわけで、有益なことに疲れている人は、たまには無益なことをしてリフレッシュした方がいいかと思います。

24時間365日「有益なことをインプットしなきゃ!」っていう心構えで生きていたら疲れてしまいます!

YouTubeでもTikTokでもゲームでも何でもありです。

真面目すぎる人は「これをやって何になるんだろう?」というものに手を出してみてはいかがでしょうか?