やりたいことないから大学に行くのはアリ

どうも、コンタクです。

最近、Twitterでは“大学に行くべきか論争”が勃発しています。

 

Twitterを見ていると色んな人がいます。

A
やりたいことないなら大学行くな!
B
大学よりもオンラインサロン!
C
いやいや、大学は出ておくべき!

…などと色々な意見が飛び交っています。

まあ、こういう問題ってハッキリと白黒つけられる問題ではないと思うんですけど。

今回は、“大学に行くべきか論争”について、僕の自論を述べたいと思います。

やりたいことなくて大学行くのはアリ

大学に行くべきかどうかっていうのは、場合によって異なると思いますが、やりたいことがなくて大学に行くっていうのは個人的にアリだと思っています。

というか、そういう人って多いですよね。「取りあえず大学。」みたいな。

 

でも、大学に行けば自分のやりたいこと見つける機会って多くあると思うんですよ。

大学でやりたいことを見つける①友達と話してみる

大学に行けば当然、色んな人がいます。

出身高校どころか、出身地すら違う人、性格が違う人など、とにかく色んな人がいます。

 

友達の将来の夢を聞いてみる

そして、当然将来の夢だって人によって違います。

僕の周りもそんな感じです。広告代理店に就職したい人、看護師になりたい人、証券会社に就職したい人、地域づくりをしたい人…とにかく色んな人がいます。

周りの人のやりたいことをヒントに、自分のやりたいことを見つけるといのも手段の一つです。

 

友達を頼りに自己分析

または、仲の良い友達だったら、自分のことについて教えてくれることがあります。

「君はこういう性格なんだから、こういう仕事が向いているんじゃない?」みたいな。

仲良い友達だったら自分の性格について把握してくれている場合があるので、友達を通じて自己分析することもできます。

 

先輩も頼りになる

そして、忘れちゃいけません。大学の先輩にも頼りましょう。

就活を終えた先輩、または社会人になった先輩など、そういう先輩は頼りになります。

もしやりたいことがなかったら就活を終えた先輩などに相談してみましょう。もしかしたら有益なアドバイスがもらえるかもしれませんよ。

 

いずれにせよ、自分の周りの人たちと将来について話してみることで、自分のやりたいことや自分の適正に気づくことができます。

大学でやりたいことを見つける②サークル活動

または、大学と言えばサークルですが、サークル活動をしていくうちに自分のやりたいことが見つかる人もいるでしょう。

例えば、ボランティアサークルに所属しているなら、「将来はボランティア系のNPOを立ち上げたい!」と思うかもしれません。

ちなみに僕はカタリバ北海道という教育系のNPO団体に所属していますが、一時期はその影響で「教育系の仕事も面白そうかも」と思ったこともありました。

大学でやりたいことを見つける③インターンシップ

大学生だと就活の一環で、インターンシップというものがあります。

大学入ってもやりたいことがない人は、とにかくインターンシップに参加しまくったら面白そうな仕事が見つかるかもしれません。

 

そもそも、こうやって企業に訪問して職場体験できるのって、学生ならではの特権な気がします。

「学生だから」という理由で許されることでも、学生じゃなかったらできないかもしれません。

大学でやりたいことを見つける④授業

「特に思い入れがある大学じゃないけど、将来の潰しがきくからこの大学にしよ」っていう感じで大学に入る人もいるかと思います。

 

ですが、最初は思い入れもなかった学問分野についても、授業を受けていくうちにどんどん興味が湧いてきた!という場合もあるかと思います。

福祉系の授業を受けてみたら案外面白くて、福祉系の仕事に就きたくなった!みたいなこともあるでしょう。

 

「取りあえず大学」どころか、「取りあえず授業頑張って受けてみよう」という気で受けてみたら、新たな発見があるかもしれません。

 

というか、大学によっては1年次は自分の学部に関係ない授業を取らされる大学もあります。

少なくとも僕の通っている北海道大学はそんなシステムです。

色んな授業を受けてみると、自分の興味関心がわかるかもですね。

 

こんな感じで、大学では自分のやりたいことに気づく機会が豊富にあります。

 

最後に

大学は、言ってしまえば「出会い」の場です。

僕の言う「出会い」とは、色んな大学生との出会いという意味だけではなく、新たな自分や面白いこととの出会いも含みます。

大学に通えば、友達、先輩、サークル、インターン、授業などを通じて自分について改めて深く理解したり、面白そうなことを見つけられるんじゃないかと思います。

 

というわけで、お金があるのであれば、「やりたいことがないから取りあえず大学に行く」というのはアリだと思います。

ぜひ、大学に入って自分のやりたいことを見つけてくださいね!

コメントを残す