やりたいこと=楽しいこと、楽なこと、簡単なこと?

どうも、コンタク(@takon_0207)です。

 

最近、「やりたいことをやって生きよう!」みたいなセリフ、よく聞くじゃないですか。

仕事面でも、組織に縛られずに自分の働きたいように働く「フリーランス」という働き方に憧れを抱いている人もいますし、

自己啓発系の本でも、「やりたいことをやって生きれば人生が変わる!」みたいな格言をよく目にします。

 

ですが、そのことに対して僕は思うところがあります。

やりたいこと=楽しいこと、楽なこと、簡単なこと?

もしかすると、

やりたいこと=楽しいこと、楽なこと、簡単なこと

と、考えている人が多いと思うんですよ(実際、僕もそうでした)。

 

ですが、本当にそうなんでしょうか?

 

結論から言わせてもらうと、必ずしも

やりたいこと=楽しいこと、楽なこと、簡単なこと

という関係が成立するとは限らないと考えているんですよね。

やりたいことの中には、苦労もある

やりたいことの中には、苦労や努力もありますし、やりたいことをやっていてもつまらないことは起きます。

僕は、やりたいことをやりながら生きているつもりですが、楽しいことだけではありません。

 

例えば、まずはブログ。

元々僕は、自分の気持ちや考えを発信するのが大好きです。だからブログを書くのは基本的には楽しいし、SNSも頻繁に利用しています。

ですが、そんな僕でも「何を書けばいいんだろう…」とネタに困ることもありますし、「思うように上手な文章が書けない…」と落ち込むこともあります。

 

二つ目はライターの仕事。

フリーランスのライターとして今仕事をしています。フリーランスのライターの魅力は、PCさえあればどこでも作業ができるということです。場所もWi-Fiさえあれば選びません。

ですが、やはり自分にとって都合の良いことばかりではありません。

締め切りに追われることもありますし、自分にとって難しいテーマの下で文書を書かなければいけない時もあります。

 

最後に、音楽。

僕は楽器を演奏することができます(ギターとかピアノ)。楽器を演奏している時は楽しいですし、自画自賛じゃないですけど、自分自身が奏でる音に癒されることもあります。

ですが、これもやっぱり楽しいことばかりではなく、弾きたいフレーズを思うように弾けなくて辛い時もありますし、同じ曲を練習し続けてマンネリすることもあります。

 

だから、やりたいことをやっていても、必ずしも「やりたいこと=楽しいこと、楽なこと、簡単なこと」という関係は成り立たないです。

やりたいことの中には、苦労や努力、つまらなさも含まれています。

大事なこと①何に労力を割くか

きっと、マイナスな出来事や感情からは逃れることはできないと思うんですよ。生きている限り。

ただ、やりたくないことに労力を割くか、やりたいことに労力を割くかだったらどっちを選びますか?

人それぞれだと思いますが、何に労力を割くかで自分の気持ちとかが随分変わってくると思います。

大事なこと②それでも、やってみたいと思えるか

そして、「たとえ大変そうでも、やってみたいと思えるか」も大事なことだと思います。そもそも突き詰めて考えれば大変じゃないことって、無いと思いますが…。

 

大変そうだけど、それでもやってみたいのか。

そう強く思えるのなら、やってみた方がいいのかもしれません。

コメントを残す