大物インフルエンサーに思いっきり見下された話

コンタク(@takon_0207)です。

 

実は先日、僕はとある大物インフルエンサーに直接お会いしました。

その大物インフルエンサーには3回ぐらいお会いしたことがあるのですが、

3回目にお会いした時に思いっきり見下されました。

 

そして、SNSにもボロクソ書かれました。

プロ無職のRです(決してガセではありませんが信じるかはあなた次第)。

Twitterにも証拠画像あります。ソイツのアカウントの投稿画像探せば見つかります。

話すのを拒否られ、面白くないと言われた

その大物インフルエンサーに見下されたのは、この間直接その人に会った時でした。

直接お会いした時に、僕はその人に

コンタク
ちょっとお話しませんか…?

と、声をかけました。

 

すると

「ごめん、嫌だ。

だって見るからにコミュ障じゃん。」

と言われました。

 

その後、コミュ障を治すためのアドバイスをくれたものの、後日ネット上で

「この間、超大人しい知り合いに話しかけられたけど、

面白くないししんどいから話すの拒否った」

と、書かれました…。

 

正直、僕はメチャクチャ凹みました。

元々豆腐メンタルな僕ですが、これを読んで一瞬で豆腐なメンタルが豆乳になりました。

 

いや…コミュ障だとか、面白くないとか自覚していないわけではなかったけど、ここまで直球で言われるとは…

本気で死にたいと思うぐらいショックでした。

でも、見返すのが楽しみになった

とにかくもの凄く傷つきましたが、時間が経つにつれ、僕のメンタルは正常に戻っていきました。

思考もようやく冷静になってきて

コンタク
おかげさまで見返すのが楽しみだ…!
と思いました。

 

落ち込んでいる時は本当にネガティブですが、立ち直ったらこっちのもの。さっさと色んな面でそいつを抜かしてやるぞ〜。

ブログのネタにもなった

そして、ソイツに貶されたおかげで、今このネタをブログの記事にしています。

おいしいネタをありがとう!

 

そもそも、SNSに「これ絶対に自分のことだ!」と分かるように僕をけなしてくるあたり、よっぽど僕のことを気にしているのでしょう。わざわざインスタのストーリーにも悪口をあげていましたし。

 

「好きの反対は嫌いじゃなくて無関心」とはよく言いますが、僕のことを嫌ってくるのはある意味嬉しいです。

 

「大物インフルエンサーなら僕のこと目にもくれないだろう…」とも若干思っていましたが、まさか僕に注目してくれるなんて嬉しいです!僕のことを密かに恐れているのでしょうか?

 

わざわざ僕のメンタルを破壊して潰さなければいけないぐらい余裕がないのでしょうか?本当に面白くないと思っているなら、そもそもSNSに何も書かないでスルーしているでしょうし(自分性格悪いな)

結論:なんだかんだでプラスになった

プロの無職のソイツに悪口を言われた時はもの凄く傷つきましたが、マイナスな出来事はなんだかんだでプラスになりました。

 

見返そう!と、かえってエネルギッシュになったり、ブログのネタになったり、「自分に注目してくれて嬉しい!」とすら感じるようになったり…

 

まあ、とにかくプロの無職のアイツを色んな面で追い抜かして、悔しがる顔を拝むのが楽しみです。

立ち直れた自分を褒めようと思います。自分のレジリエンス力、どんどん強くなってるぞ〜。

頑張るぞ〜〜〜〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です