本は意外と簡単に出版できる!?夢が叶うかも!

コンタク(@takon_0207)です。

 

みなさんに質問です。

”本を出版する”ことについてどんなイメージを持っていますか?

「難しそう」とか「芸能人や作家でないと無理じゃない?」と思う方もいるでしょう。

僕の将来の夢の一つとして、「本を出版する」というのがあります。

 

しかし、僕自身も「本を出すのはハードルが高そう」と思っていました。

頑張ればいつかは必ず実現できるだろう、と楽観的に考えてはいたものの、難しそうというイメージは拭いきれないでいました。

 

しかし、

「もしかしたら本って意外と簡単に出せるんじゃないか??」

と思わせる出来事が先日ありました。

書いて印刷して売ればいい話

先日、学生団体の先輩と話す機会がありました。

その先輩とは将来のことについて話していましたが、その流れで

「自分、いつか本を出してみたいんですよね!!」

と、先輩に打ち明けてみました。

 

すると、その先輩が

「大学生のうちに出来るんじゃない?

だって、

書いて印刷して売ればいい話じゃん!!

それに、コンタクが売れば買ってくれると思うよ!!」

と、僕に言ってくれました。

 

あ…そうか!!

f:id:ktkt0231sh54ba:20180605214008p:plain

何だ…超シンプルじゃん!!

本を出すのって簡単やん!!

 

本を出すには、まず芸能人並に有名になって、

どこかの出版社からオファーがあるまで、コツコツ頑張り続けるもんだと思っていたけど、

必ずしもそうしなくてもいいのか!!

目から鱗でした。

 

そう言えば、言われてみれば自費出版という方法もありますしね。

いずれにせよ、やり方次第ではどんな人にでも本を出せるチャンスはあるのかもしれない。

そう思うと、本を出すのは意外と簡単かもしれないと思いました。

今では電子書籍を出すという方法もある

それとふと思ったのが、今なら電子書籍があるじゃん!!ということ。

 

例えば、Amazon Kindle。

Amazon Kindleであれば誰でも電子書籍を出版することができます。

kdp.amazon.co.jp

このように、紙で出版する以外の方法もちゃんとあります。

自分の身近な人も出版していた

思えば、僕の身近な方でも電子書籍を出版されている方はいます。

 

例えば、北大生ブロガーの栗山彰恭さん。

↑音読勉強法や、常識洗脳についての本を出版されています。

どちらも読みやすい内容となっています!

そして、 栗山彰恭さんのブログはこちら↓

クリヤマベースボールアカデミー

今は、野球についての記事を多く執筆されています!

他には、音読や自己啓発についての記事も書かれています!

 

そして、Twitterで知り合ったアキさん(@aki_utsu)

つい先日出版されました!

うつに悩んでいる方に寄り添うような内容となっています。
分量はそれほど多くないです!読みやすいです!

そして、アキさんのブログ↓

気分障害とのおつきあい

うつ病などの気分障害について、緻密に書かれているブログです!勉強になります…。

結論:本は意外と簡単に出版できる!

ここまで踏まえて思うのは、

本は意外と簡単に出版できる!!

ということです。

まとめです。

・書いて印刷して売ればいい話なので、プロセスは簡単

・今の時代は電子書籍を出版することもできる

・自分の身近な人でも出版している人はいる

うん、自分が思っていた以上に、本を出版するというのはハードルが低いことに気づきました。

これなら、大学生のうちに本を出版できるかもしれない!!!

本を出版するという夢は、遠いものだと思っていたけど…

実際にできるかも!!! 

 

というわけで、本を出版することにします。

ここで宣言したからには、必ず出します。

内容は、エッセイになると思います。道産子エッセイストなので。

というわけで、乞うご期待!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です