「お金はどんどん使うべき」←使わなきゃわからなくね?

コンタクです。

 

巷では

「お金はどんどん使った方がいい」

という考えをよく耳にします。

今回はその考え方について、僕が思ったことを書いていきたいと思いますが、その考えに賛成か反対かを述べる、というわけではないです。

使わなきゃわからない!使った方がいいかなんて

「使った方がいいのか?」試行錯誤しながら考える日々

僕がその考えを聞いたのは、おおよそ1年前でした。

 

その時、こう思ったんですよね。

「お金って使った方がいいのかな…?」

と。

 

にわかには「お金は使った方がいい!」と信じることができなかったです。

 

それから、ずっとそのことを考えながらお金を使う日々を過ごしました。

お金がかかるようなことでも敢えてお金を出してみたり、

無駄遣いだと思われることにもお金を出したり、

時には安物を買ったり節約したりと…試行錯誤しながら自分なりに研究してきました。

 

そうしていくうちに、あることに気づいたんですよね。

というのは…

お金は使った方がいいかなんて、

実際に使ってみなきゃわからない!!!!!

と。

使って正解の時もあれば不正解の時もある

↑まあ当たり前と言えば当たり前ですが…。
「お金は使った方がいい」というのは絶対的な考えではないです。

高いお金を出して

「いい買い物したわ〜」

「正解だったわ〜」

と思うこともあれば、

「う〜ん、失敗した!」

と思うこともあります。

 

逆に安いもの買ったり節約した時でも

「お金が浮いて得した!」

と思うこともあれば

「高めのやつ買った方が良かったかも…」

と後悔したこともあります。

やっぱりこれらのことを通じて思うのは、
お金を実際に使ってみないと良いか悪いかわからない、ということです。

「お金は使った方がいい」の真意

↑それについては色々な考え方があると思います。

ですが、上記のことを踏まえて僕が思うのは、

“お金をどんどん使っていくことで、

どのようにお金を使っていけばいいかがわかるようになる。”

ということなんだろうと思います。

 

で、ほぼ同じ考え方として「お金を使えば豊かになる」という考え方もありますが、

それって結局、
“お金を使っていく→自分なりのお金の使い方を見つける→自分に合った使い方だから満足できる→豊かになる”

ということなんだろうと思います。

 

簡潔に言うのであれば、

お金を使うことで、自分の満足できる使い方に気づける

ということだと思います。

 

まあ、「お金は使った方がいい」という考え方には他にも色々な意味合いが含まれていると思いますが…。
それについてはこれからも研究していきたいと思います!!
発見し次第、またブログに書いていきます!

それでは!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です