誰かに嫌なことされて「自分が悪いんだ」と思っている君へ

 

皆さんは日々生活していく中で、誰かに

 

冷たい態度を取られた

嫌なことを言われた

怒られた

嫌われた

理不尽なことされた

 

そういう経験、あると思います。

 

その時に

 

「自分悪いことしたかな?」

「うん、悪いのは自分だ」

「自分がいけないからこういう目に遭うんだ」

 

そんな風に考えていませんか?

 

そう考えているとしたら、ご安心ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは何にも悪くないですよ!!!!!

 

嫌なことされる原因はどこにあるのか?

犯罪行為をしたのであれば流石に話は違ってくると思いますけど…。

 

誰かに嫌なことされた時に、上のように自分に原因があると考える人って多いんじゃないかなって思います。

 

けど、本当の原因は別のところにあります。

 

どこにあるか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手です。

 

 これに尽きます。

 

本来なら嫌なことをしなくてもいいはず

例えば学校のテストで赤点を取ってしまい、周りのクラスメイトに

 

馬鹿にされたり

「アイツは頭が悪い」と噂流されたり 

 

そういうことをされたとします。

 

「赤点を取った人が悪い」

本当にそうでしょうか?

 

でも、それ以外にクラスメイトは様々な行動を取れたはずです。

赤点を取った人に対して

 

「ドンマイ!」って励ましたり

勉強方法のアドバイスをしてあげたり

赤点取ったことに対しては、そもそもスルーする

 

等、様々な行動を取れたはずです。

 

にもかかわらず、嫌がらせすることを選んだ。

それって、嫌がらせする人の性格や考え方の問題じゃないですか?

 

え、「そもそも赤点取らなかったらこんなことにならなかった」って?

 

いいことしたとしても、反応は相手次第

たとえ世間的には良いとされていることをしても、嫌なことされる時ってありますよ。

さっきの例で言うなら、テストで高得点取ったとしても

 

「勉強しか取り柄ないんでしょ」

「まぐれでしょ」

「テストの点が良かったからっていい気になりやがって」

 

とか言われる場合もありますからね。

 

 

じゃあ何で相手は自分に嫌なことをしてくるのか?

理由は様々考えられます。

気が短いから、とにかく八つ当たりしたいから、そういう性格だから、妬んでいるから…色々あると思います。

 

逆に懐の広い人間だったら、(限度は恐らくありますが)何かしでかしても許してくれるでしょうし、親身になってくれることすらあると思います。

 

そう考えると、何だかバカバカしいなって思えてきませんか?

 

嫌なことをされた時に、自分のことを悪者扱いしたり、その相手に自分を合わせようとしたりするのが。

 

まとめ

もう一度言いますけど、嫌なことをされた時、

 

悪いのはあなたではありません!!

相手に原因があるんです!!

自分ではどうしようもできません!!

 

だから

相手に迎合する必要なんて全くないんです!!

相手の問題なんだからスルーしていいんです!!

 

嫌な人のことなんて、スルーしちゃって大丈夫ですよ。極論ですけど、相手が悪かったと思えばいいんです。

 

参考文献、っていうわけではないですけど、僕がこう考えるに至ったのにはこちらの本が大きく関わってきましたので最後にご紹介させていただきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です