眠ければ負の感情は湧いてこない?

コンタク(@takon_0207)です。

今日の札幌は大雨。

天気が悪いと体調崩れたり情緒不安定になったりするから、そろそろ梅雨終わってくれ…。

さて、本題入っていきます。

結論から言うと、今日は嫌なことがあってヘコんでいたんですけど、眠い状態だと負の感情がふっとんだ〜という話です。

嫌なこと言われてヘコむ

今日、嫌なことがあったんですよね。

何があったのかというと…

とある方達に、フリーランスで働くこと悪く言われたんですよね。

フリーランスは社会保障が不十分だの、会社員に比べて安定していないだの、会社員やってから独立しろだの…

全部わかりきっていることではあったんですが、色々言われて精神的に疲弊してしまいました。

普段だったらそういう人がいても

「こういうドリームキラーは無視しよう。」

と、毅然とした態度でいられるのですが、

今日はいくら頭の中でそう唱えても、冷静にはなれませんでした。

ここまでズバズバ言われるのはあまりないので…。

それに、そう言ってきた方達はフリーランス経験がないので、きっと先入観や決めつけで言っているのだろうとも思ったのですが、

それを考えてみてもどうしても嫌な気分になりました。

そして、頭の中でその出来事がリフレインして、どうしてもスッキリしない状態のまま過ごしていました。

一旦昼寝した

嫌な気持ちがどうしても拭えなかったので、

「一旦昼寝をして頭をリセットしてみよう!」

と思いました。

20分ぐらい昼寝して起きました。

起きたての時は、まだ眠い状態でした。

その時に、今日あった嫌な出来事を思い出してしまったんですけど、

何故か負の感情が湧いてこなかったんですよね。

頭の中では嫌なことを思い出しているけど、それでも気持ちは

「ふーん、あっそう。」

と、そっけない気持ちでいられました。

きっと眠かったからだと思います。

思えば、眠い時は怒ろうにも、そもそも怒ること自体大変です。

機嫌が良い、とまではいかなくても特別悪いというわけでもない、中立的な状態です。

機嫌悪い時は寝よう!

というわけで、

機嫌悪い時は寝れば気持ちがリセットされる

ということに気づきました。

ただし、眠気がとれたらまた負の感情が戻ってしまうので、そこはじっくり研究していきます。

まあ、一時的な方法にすぎないですが、どうしても耐えられない時は寝ましょう。

そもそも、寝不足はメンタルヘルスに悪影響だとよく言いますからね。

いずれにせよ、睡眠は大事なものです。

最後に

序盤の話に戻りますが、フリーランスとして生きることを諦めるつもりはないです。

そもそも、現時点でも仕事していますからね。

これからも飽くことなく精進していきます。

それでは!

関連記事

落ち込んだ時の対処法、他にもあります↓

www.kontaku-gtdr.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です