ブログ書く気が起きない時でも、取りあえず書いてみよう。

どうも、コンタク(@takon_0207)です。

 

ブログを書いていると、どうしても「あぁ〜ブログ書く気が起きない…」という時期がきますよね。

特にブログ以外のことで忙しい人は、ブログを書く習慣を身につけづらいので、ちょっとでもブランクが空くとブログを書く気が無くなってしまうでしょう。

最悪、そのままフェードアウトしてしまう人も中にはいます(実際、僕の知り合いでもブログを始めたものの、ずっと更新していない人がいます)。

 

そんな時はどうすればいいんでしょうか?

結論から言うと、、、そういう時でも、たった数文字でもいいから取りあえず書いてみましょう。

行動すれば自然とやる気が出てくる

どうして取りあえず書いてみるべきなのかと言うと、取りあえずブログを書き始めればやる気が湧いてくるからです。

 

やる気があるから行動するというイメージがありますが、実は必ずしもそうとは限りません。

むしろ逆に、行動するからやる気が上がるという関係も成り立ちます。

行動を起こすことによって脳が刺激され、やる気や集中力を司るドーパミンが分泌されるからです。

この考え方は、心理学者のクレペリンが提唱している理論で、「作業興奮」と呼ばれています。

この理論は、ブログの執筆以外にも活用できる心理学の理論です。勉強や仕事にも使えますよ。

 

実際、僕もブログを書くのが面倒くさくなる時がありますが、そういう時は取りあえず手を動かして文章を書くことにしています(しばらくお休みすることもありますが…というか最近は結構休んでいました笑)。

文章を書いていくうちに、どんどんとやる気が上がっていき、スイッチが入ります。

そして、「こういう風に文章書けばいい感じになるかな?構成はこんな感じにして…」と頭も回り始めます。

 

というわけで、行動を起こせば自然とやる気が湧いてきます。行動が先です。

取りあえずブログ書こう

結局は行動が第一なのかな、と思います。やる気すらも行動でコントロールできるので。

「人生はやるかやらないかだぞ!」と言う人が多いですが、それはやる気の観点から言っても正しい考え方だと思います。

やらなかったらいつまでたってもやる気が出ないままです。というか、行動しないと何も成長できないです。

 

というわけで、自戒を込めて言いますが、ブログ書くのが面倒くさい時は取りあえず5分でもいいからキーボードを叩きましょう。

そうすればやる気も出てきますし、5分なら手軽に取り組めるので、習慣も身につけやすいのでは?と思います。

それでは!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です