「なーんだ!どんどん幸せになっていいんだ!」

幸せについて、僕がここ最近感じていることを書きます。

完全に主観です。真理やとある理論についてつらつらと書いていくわけでは決してありません。

(ここからです・ます調をやめる。)

「自分の周りの人は、自分よりも幸せそう。」

ここ数ヶ月は、別に自分に対して惨めな気持ちは特に持っていなかった。

昔あった嫌なことを思い出したり、調子が悪い日も当然あるけれど、そういう時はとにかく休んだり、自分の好きなことに没頭したりして気持ちを紛らわしている。

睡眠だって最低でも6時間はとっているし、基本的には7〜8時間寝ている。

 

そもそも、自分が黒歴史真っ只中の時に比べたら、心理的にはだいぶマシになった。

今ある幸せを噛みしめているつもりだった。

 

しかし自分の周りの人達を見てみると、どうも自分よりも幸せそうに見えて仕方がないのだ。

例えば今通っているメンタルクリニックの患者さんの様子を見ていると、どうも自分よりも幸せそうに見える。もう少し具体的に言うならば…楽しそうな雰囲気が伝わってくるのだ。

いや、外面だけで決めることはおこがましいし、何かしら悩みや問題を抱えているから病院に通っているのだから、一概にそう決めつけるのはいかがなものかとは自分でも思う。

 

しかし、やはり自分よりも幸せそうという感覚を否定しきれない。隣の芝生は青いというが、そういうことではない気がする。

 

そして、客観的な事実もある。

俺の通っている病院では定期的に、気持ちがどれぐらい落ち込んでいるかをチェックするアンケートを受けるのだが、それを受けた後に

「自分の落ち込み具合、このぐらいだったよ!」

「前回受けた時よりも、このぐらい落ち込み具合が改善したよ!」

と言っている人が多く、周りの人の結果と自分の結果を比べてみると、明らかに周りの人の方が自分よりも落ち込み具合が少ない。

自分ではそんなに落ち込んでいるつもりはなかったけど…周りの人と比較してみると自分は落ち込んでいる方なのだろう。

周りの人と比較してみることで、自分の心の様子が見えてきた。

 

そして、病院以外での人間関係でもそれを感じている。

大学の知り合いやサークルの人とたまに遊んだり、ご飯に行ったりする機会があるのだが、そういう時でもその人達の方が幸せそうだなと痛感する。

その人の表情、社会的ステータス、振る舞い、築いている人間関係の質など、色々な要素を加味しても、その人は自分よりも幸せそうだな、とつくづく感じてしまう。

自分は基本的には一人で過ごす方が好きな人間だ。一人でいる時間を楽しめる。

誰かに会うにしても、マンツーマンか少人数の方が性に合っている。

 

しかし、そういう生活を長くしていたためか、自分と周りの幸せ度がどのぐらい違うのかが見えてこなかった。

自分は今のままでも幸せだな、と思っていたが、それは一人で過ごしていた時の話。

 

もう少し正確に言うならば、一人で過ごしていて、自分の幸せ度を相対化して捉えることができなかった時の話。

いざじっくりと周りの人の様子を観察してみたり実際に関わってみたりすると、自分は周りに比べたらあまり幸せではなかったということに気づく。

あ、、、自分よりも幸せな人間はいくらでもいるのか、、、。

 

そう思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、ここまで自分の心情をつらつらと書いてきたが、

ここまでの内容重いよねwww

 

「この人メンがヘラっているなwww」

と思われても仕方がないと思う(実際、今メンタルクリニックに通っているので否定はしきれないが)。

 

だけど、

別に俺は、周りの人の方が幸せだということに気づいたからと言って、そこまで悲観的になっているというわけではない。

 

むしろ………

「だったらもっと幸せになってもいいんだ!!!!」

周りの人の方が自分よりも幸せ。

 

てことは…

自分、もっと幸せになってもいいんだ!!

と、感じたのだ。

 

不思議と、

「自分は周りの人よりも不幸な人間なんだ…不幸な人間なんだ………………………………………」

とは感じなかった。

今までも幸せだとは感じていた。

 

だけど、もっと幸せな人がいる。

ってことは、もっと幸せになれる可能性がある!!

 

というか、今まで自分は無意識のうちに

「幸せってこんなもんだろ」

と見限っていたのかもしれない。

 

だけど、幸せは自分が思っていた以上に大きいということを、周りの人達が気づかせてくれた。

もっと幸せになれるということに気づかせてくれて、周りの人達ありがとう!!

と、嫌味抜きで純粋に思うのだ。

 

それからは、「もっと幸せになろう〜」と自分の心の中で繰り返しながら生活した。

すると…以前よりも自分の中の幸せ度が増幅したな〜と感じるようになった。

 

先ほど書いた、どれぐらい気持ちが落ち込んでいるかを計測するアンケートの結果も、回数を重ねるごとに改善していった。今の俺の落ち込み具合はかなりマシになってきている。

そして、日常生活の中でネガティブな感情に襲われることが減った。

例えば、人ごみの中で、すれ違いざまに人とぶつかったらずっとそのことを引きずっていたが、今では引きずらなくなった。10秒も経てば自然と気にしなくなる。

 

あと、つい先日まで、ブログが上手く書けない病に患っていたのだが、完治しつつある。

あと、余裕を持って物事を考えられるようにもなったと思う。

 

これらのことを踏まえて、俺は思う。

「なーんだ!!!

俺はもっと幸せになれるんだ!!!

楽に生きられるんだ!!!」

と。

 

昔の俺も、幸せではあったけど…だけど幸せ度はどんどん大きくすることができるんだな!!!と思った。

自分の無意識の中の限界を超えられたと思う。

「これからどうなるかな」

「自分はもっと幸せになってもいい」

自分で言うのもだけど、これって結構なパワーワードだと思う。

そう考えることによって、自分の幸せ度をより大きくすることができるし、自分の心のリミッターを緩ませたり外したりすることができるかもしれない。

 

ということで俺はこれからも事あるごとに、

「自分はもっと幸せになってもいい」

という言葉を自分にかけてあげるつもりだ。

そういう言葉を自分にかけ続けたら…一体どうなるかな!?

さーて、これからが楽しみだ。

コメントを残す